分娩について

ソフロロジー分娩へご招待

ソフロロジー分娩について

赤ちゃんをいとおしいと思う心の積み重ねが母性を はぐくみ、
わが子を思う母親の心は陣痛さへも 苦痛ではなく、肯定的に受け入れられるようになります。

母と子の絆を強くして陣痛を受け入れる心
その心を作るのがソフロロジーです。

下記のトレーニングを通して、母性を目覚めさせていきます。

【1】赤ちゃんへの声かけ

妊娠がわかった時から赤ちゃんへお話を始めます。
「早く大きくなって!」「早く会いたいね!」「早く抱っこしたい!」
何もなければ 「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「おやすみ」等など 一日に五回以上話しかけましょう。

【2】イメージトレーニング

常にお腹の赤ちゃんをイメージし意識します。
どんなお顔をしてるかな?どんなしぐさをしてるかな?どんなお産になるのかな(いいお産のイメージを想像します)
あるいは、お産後に公園の芝生で赤ちゃんがよちよち歩きをしている姿を思いうかべます。
イメージトレーニングを促すために特別に作られたCDを少なくとも夜寝る前に一回は聴くようにします。
途中眠くなって寝てもかまいません。むしろ眠りに落ちる前の状態でCDを聴くほうがあなたの心に響きます。

【3】赤ちゃんの成長過程をチェック

赤ちゃんの視覚化を行うためにDVDにより妊娠初期より胎児の超音波像を見ながら成長過程を楽しみます。(赤ちゃんに声かけをしてあげましょう)

物事をすべてプラス思考に考えましょう!

陣痛も前向きに捕らえます。
陣痛は怖いものではなく赤ちゃんを生み出すためのエネルギーとして考えます。赤ちゃんとお母さんの初めての共同作業として陣痛を受け入れましょう。
腹式呼吸(いわゆる吐くだけの呼吸)を行うことによりゆったりと落ち着いたリラックスした眠りに陥るような状態で陣痛を受け入れることができます。

無痛分娩について

無痛分娩とは

無痛分娩について

新田クリニックでは心理的作用にて陣痛の痛みを軽くする(いわゆる母性の醸成を行う) ソフロロジー分娩を行っていますが、痛みに対する感受性のレベルには大きな個人差があり分娩経過中にも実際の痛みは予測よりはるかに強く感じる事があります。

これ以上の痛みはどうにも我慢できない、という人は途中で硬膜外麻酔による無痛分娩もセーフティーネットとして考慮しています。ご希望の方は、お申し出ください。

無痛分娩の方法

無痛分娩の麻酔薬注入イメージ

一度背中にチューブを挿入しておけば、あとは必要に応じてチューブの先端にとりつけた 注射筒から麻酔薬を追加できます。